浅草おすすめお土産!人気店の買うならコレ!

東京の浅草といえば、下町の情緒溢れる街並みとして、国内限らず多くの外国人観光客で連日多くの人で溢れかえっています。

東京都の東側に位置し、江戸時代の風情が残る浅草には、雷門や浅草寺更には、仲見世通りが人気のスポットで、子供から大人まで楽しむ事ができる、浅草花やしきも人気で見どころは沢山ある人気エリアとなります。

そんな、浅草には、沢山のお土産や人気店が立ち並びます。
今回は、浅草に足を運んだら誰もが必ず購入するといわれる人気のお土産の紹介や人気のお店を紹介したいと思います。

まずは、待ち合わせスポットとして人気の浅草雷門のすぐ近くにある、亀十のどら焼きです。

75376e735adc4585913fa2f449fad2f9_m
この亀十のどら焼きは、焼きムラがある昔ながらの手焼きで素朴な皮はふんわりしており、中には北海道十勝産の小豆から作られた、あんこがたまらないくらい含まれており、上品な甘さが人気となっています。
他にも、最中やきんつばなどの和のスイーツも人気ですが、まずは、どら焼きを楽しんでみてはいかがでしょうか?

次に紹介したいのが、プリン専門店である、浅草シルクプリン雷門店です。

555a5e0841018ce43025fc2937f32a64_m
こちらのプリンは、まさにきめ細かい口当たりがまさにシルクの様で、大人気となっています。
9種類という多くの種類がある中で、毎日パティシエが手作りしている季節限定のプリンには、素材を徹底的にこだわっており、
若い女性から高齢者の方まで幅広い層で支持されているお店となっています。

また、やみつきになる極上のメロンパンで人気なのが、浅草花月堂です。

776c80793fbbf01c82fc2253977e5436_m
この浅草花月堂でもっとも売れるのが、ジャンボめろんぱんです。
通常の約3倍もの長時間じっくりと低温発酵させることで、きめ細かい生地とふわふわな食感を生み出しています。
人気メロンパンと聞いて皆様、一日にどれだけ売れていると思いますか?
実は、この浅草 花月堂の極上メロンパンは、一日に2000個以上売れる誰もが一度は食べてみたいメロンパンなのです。

更に紹介したいのが、知る人が知る大人気の芋ようかん。

00fef7799c523fd31f3867fa22707d28_m
浅草で芋ようかんといえば、このお店しか頭に浮かばないのではないでしょうか?
そうです、舟和 本店です。

舟和の芋ようかんは、日持ちは短いのですが、サツマイモのおいしさをしっかりと残し、着式料や保存料、香料を一切使わずに、上品な味が絶品ですごく有名です。
落ち着いてゆっくりと美味しいお茶を飲みながら食べたい一品です。
芋ようかんと聞くと、お子様はあまり食べないのではないかと思いますが、小さなお子様でも充分に楽しむ事ができる絶品となっています。

最後に紹介するのが、浅草のお土産の中でも間違いなくナンバーワンの商品を提供してる、常盤堂雷おこし本舗 雷門店の、砂糖を入れて水飴で固めた米菓子です。
浅草では間違いなく誰もお土産で購入するのがこの雷おこしの上磯部4種ミックスです。
日本人だけでなく、外国人の方々からも人気の浅草土産です。

083e960fc61bb31eb276376ddc4470bf_m
最近では、東京スカイツリーRと提携した東京スカイツリーR三角おこしも人気で、2020年の東京オリンピックでは間違いなく、お土産の中では主役になるのではないでしょうか?

※写真は全てイメージ画像です